トップ > 幼稚園について > 幼稚園の役割

  • 幼稚園について
  • 教育方針
  • 幼稚園の役割
  • 施設紹介
  • 幼稚園バス
  • 園の概要・アクセス

奈良幼稚園の役割

こどもが初めて社会生活をする所が幼稚園です

幼稚園での生活の中心は『遊び』です。
子ども達は、遊びを通し身近な人・物事に興味を持ち社会性や自主性、その他成長にとって大切なものを身に付けます。
幼稚園は、子ども達が心身共に健やかに成長していくことを願い、指導していく教育の場であります。

集団生活の場

なぜ集団生活に入る事が必要なのでしょうか。
幼稚園では、いろいろなタイプの子ども達が共に生活します。
お互いの刺激を受けながら家庭では気付かなかった事に気付いたり、
少人数では出来ない事に取り組んだりします。
集団生活の場で一緒に楽しんだり、支えあったりしながら日々成長していきます。

社会性やルールを身に付け興味や自主性を育む

幼稚園生活を通じて、社会生活をするのに必要なルールを知り、身に付けます。
遊具・おもちゃ等の貸し借り等から、交代、順番待ち等のルールを身に付けます。
又、同じ場所で生活する事(遊ぶ事)により共感が生まれ、心のつながりができ、
協力する事を学び友達関係が一層深まります。

一人ひとりの個性を大切にし、可能性を引き出す

子ども達は日ごとに変容しています。一人一人の個性を引き出し助長してやる事は、保育者の大切な役割です。
集団生活の中で子ども達はさまざまな体験をします。それは過去の体験の発展したものであったり、まったく新しい体験であったりします。
その時、その場所により、又、相手や仲間の違いからも、幼児の体験は千差万別であり、それらを通して変容は進んでいきます。この視点から常に配慮を怠る事無く、その子なりの変容が達成されるよう指導します。

社会生活に大切な好ましい人間関係の芽は幼児期に育ちます。
嫌いな事から逃げるのではなく、自分の主張を理解し、一緒に解決を見い出していく、そういう体験は友だちとの生活の中でこそ得られるものです。そして、一緒に解決し、乗り越えていく仲間が増える事が、一人一人をたくましく育てる力になるのです。

Page Top